8.6.15

le pain perdu de Calls Cafe & Bar

キャラメルのカリッとした表面に たまご生地のしみこんだ極上のフレンチトースト le pain perdu を 身近で味わえることになったのです

仕事の合間に訪れた Calls Cafe & Bar


おしゃれな "Bar" の雰囲気の中でランチ le déjeuner もできてしまう とてもフレキシブルなお店で とても美味しいフレンチトーストを堪能することまでできるのです

ところで フレンチトーストはフランス語で le pain perdu(「失われたパン」)
固くなってしまったパンを用いることで食料を切らさない(失わない)ようにすることから あるいは そうしなければパンを捨てる(失わせる)ことになってしまうから そう呼ばれれるようになったのだそうです(http://fr.wikipedia.org/wiki/Pain_perduより)

カナダでは le pain doré(「キツネ色のパン」) と言われ メープルシロップが付け合わせとされるのが一般的のようです
スイスでは la croûte dorée(croûte=パンのこんがり焼かれた表面)
ドイツ語では 材料費が少なくて済むことから Armer Ritter(「貧しい騎士」)と呼ばれているそうです

さて 本日いただいたのフレンチトーストは 極上の組み合わせである
チョコレート le chocolat  x バナナ la banane
熱いトースト le pain grillé x 冷たいバニラのアイスクリーム la glace vanille 

甘党 le sucreholic ?! を唸らせる一皿を croquer(かりかりとかじる 平らげる) フランス語を通じた新しい出会いをもたらしてくれそうな予感も運んでくれました...
一見おしゃれで難しそうなフランス語も 実際は le pain perdu のように素朴な材料からできています
より多くの方にとって身近なものとなりますように... !

0 件のコメント:

コメントを投稿